アイマグ―ニュース&経済レポート

imagnews.exblog.jp ブログトップ

道後を賑わす「初子祭り」

1月9日(日)・1月10日(月)成人の日に、道後湯神社で「初子祭り」が行われます。

道後温泉本館横の坂を上がったところにある道後湯神社で、餅まきや福引き、出店などが並び毎回にぎわいます。

今年の初子祭りは、9日・10日

初子さんの謂れは
 道後温泉には、神代の昔、大国主命が病に倒れた少彦名命を温泉の湯につけたところ、たちまち病気が治ったという伝説があります。湯神社はこの2神をお祀りしています。
 大国主命は若い頃の名前を大己貴神と言いました。大己貴神には兄弟が大勢いました。ある時、この兄弟が共に因幡の八上姫に求婚しようと言って出掛けましたが、八上姫は大己貴神に嫁ぎますと言いました。
 この言葉に怒った兄弟たちはいろいろな手を使い大己貴神を殺そうとします。大己貴神の母は「お前がここにいてはいつか兄弟たちに殺されてしまいます。紀の国の大家彦神の所にお逃げなさい」と言います。
 そこで大己貴命が大家彦神の所に行くと、兄弟たちも追ってきました。大家彦神は根の国の須佐之男神の所に行きなさい。必ず何とかしてくださるでしょうと言って逃がしてくれます。
  根の国に来た大己貴神は須佐之男神のところに行くと娘の須世理姫が出てきて、一目で愛しあってしまいます。須世理姫は大己貴神を父の須佐之男神の前に連れて行き、私はこの人と結婚したいと言います。須佐之男神は、大己貴神に次々と試練を課します。
  この試練の中で須佐之男神は鏑矢を野原に放って大己貴神に取って来るように命じ、大己貴神が野原に入ると、すぐに回りに火を付けました。
 大己貴神が火に囲まれて困っていると1匹の鼠が現れて「内はうつろで、外はすぼまっている」と言いました。そこを踏みしめると穴に落ち下に隠れている間に、火が通りすぎました。
  幾つかの試練をくぐり抜けた大己貴神は、須佐之男神から、兄弟たちを倒しこの国の主となり、現し国魂となって、須世理姫を正妻とし、宇迦の山の麓に大きな宮殿を作って、そこを治めろと言われます。大己貴神は見事これを果たし国を作った神の尊称として大国主命と呼ばれるようになります。
  この大国主命が鼠に救われたという伝説に基づき、古くから旧暦11月の初めての子(ね)の日に祭りが開かれる様になり「初子祭」の名がつけられたといわれています。戦後は、人出の多い成人式に合わせ2日間開かれるようになりました。(湯神社HP引用)


c0182171_20382845.gif


鎮 座 地 〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町4番10号 
社務所 TEL 089-921-0480
○電車でお越しの場合
  JR松山駅より市内電車で約15分、終点道後温泉駅で下車。駅前の坂道を上り徒歩約4分。
○自動車でお越しの場合
  松山自動車道川内インターより県道松山川内線で約30分。

[PR]
# by imagnews | 2011-01-07 20:42 | お祭り

にせ札騒ぎ

c0182171_20343243.jpg愛媛・松山市の商店街で3日夜、にせ一万円札2枚が見つかった。松山市内では、年末からにせ一万円札が相次いで見つかっていることから、警察は同一犯の犯行とみて調べている。

にせ一万円札が見つかったのは、松山市の道後温泉の商店街にある2つの店舗。3日午後9時から午後10時にかけて、菓子店と土産物店から「ホログラムがはっきりしない札が見つかった」と警察に通報があった。2枚のにせ札はカラーコピーされたとみられ、本物よりもやや小さくて透かしがなく、左下のホログラムには光沢がなかった。

また、番号が1日に松山市の神社で見つかったにせ一万円札1枚と同じで、警察は同一犯の犯行とみて、偽造通貨行使の疑いで調べている。
[PR]
# by imagnews | 2011-01-05 20:37 | ニュース

みんなで道路にアートしよう!

c0182171_10234560.jpg
12/23(水・祝日)、松山・三津浜商店街で、路上をキャンパスに見立てて絵を描く「Merry Xmas!!!みんなで道路にアートしよう!」イベントが開催されます。

ここ三津浜商店街は、来年1月から商店街道路のアスファルトをはがし、カラー舗装工事に入ります。これは松山市が計画する『「坂の上の雲」フィールドミュージアム構想』の一環で、多くの地域資源が点在する松山市内全体を「屋根のない博物館」に見立てて、それぞれ特色を持った松山城を中心としたセンターゾーンと、道後、松山総合公園、三津浜・梅津寺など6つのサブセンターゾーン、個別資源としてのサテライトを設定し、まち全体の魅力を伝えるというもの。

この工事が始まる前に思い出の詰まった商店街に落書きする市民参加の有意義なイベントです。

「三津浜商店街が大きなキャンバスになります。
みんなで絵を描いて素敵な道にしよう!!」

当日は12:30より参加受付を開始。

c0182171_10422073.jpg

[PR]
# by imagnews | 2010-12-22 10:45 | アート

実写版サザエさん



ええっと、実写版サザエさんのエンディングだそうです・・・

c0182171_16185417.jpg
[PR]
# by imagnews | 2010-12-17 10:35 | 投稿動画

ホーグランド監督 舞台挨拶

c0182171_1102913.jpg
戦後日本を代表してきた現代アーティスト30余名へのインタビューと彼らの絵画、写真、映画などの作品を織り交ぜつつ、アートの視点から多面的に戦後の日米関係を振り返るドキュメンタリー映画 『ANPO』の映画監督 リンダ・ホーグランドさんが、12月18日(土)、同映画の舞台挨拶でシネマルナティックにやってくる。

ホーグランド監督は、1960年安保の前、京都の病院で生まれ、愛媛県の松山で成長する。

その彼女が「授業で私の国が広島に原爆を投下したことを教えられたとき、クラスメートたちが金髪の私を振り返り“野蛮な国の子がクラスにいる”という目で見た。原爆投下は究極な野蛮行為であることは確かで、罪悪感で胸が痛んだ。この映画を作ることで私の傷を癒やそうと思った」と映画製作の動機を語る。

また「60年安保の怒りは今も沖縄にある」との思いも吐露し、「現状に慣れた大半の日本人とその犠牲になっている沖縄。その上に偉そうに立っている米国。そのような現実に向き合いませんか」と映画を通し問い掛けている。

c0182171_1133138.jpg





映画『ANPO』公式サイト http://www.uplink.co.jp/anpo/

PROFILE:
日本で生まれ、山口と愛媛で宣教師の娘として育った。日本の公立の小中学校に通い、アメリカのエール大学を卒業。2007年 に日本で公開された映画『TOKKO-特攻-』では、プロデューサーを務め、旧特攻隊員の真相を追求した。黒沢明、宮崎駿、深作欣二、大島渚、阪本順治、是枝裕和、黒沢清、西川美和等の監督の映画200本 以上の英語字幕を制作している。







c0182171_11123790.jpg

[PR]
# by imagnews | 2010-12-11 11:36 | 映画
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31