アイマグ―ニュース&経済レポート

imagnews.exblog.jp ブログトップ

2009年 08月 31日 ( 1 )

衆院選 保守王国の底力

c0182171_14474858.jpg民主圧勝―。第45回衆院選は30日、投票、即日開票され、追い風に乗った民主党が単独過半数を勝ち取る歴史的勝利を収めた。
一方、首相経験者ら大物議員が次々と敗れた自民党は、1955年の結党以来初めて第一党から転落した。自民党初代総裁・鳩山一郎元首相の孫にあたる鳩山由紀夫氏が、民主党を率いて「政権交代」を果たし、新たな首相に就任する。

愛媛県内4小選挙区では、3区で民主新人の白石洋一さん(46)が初当選を決めて、1996年の小選挙区制導入後、民主党の初勝利を挙げ、自民の県内議席独占に終止符を打った。
しかし自民は、1区で前議員塩崎恭久さん(58)が民主新人の永江孝子さん(49)との激戦を制して5選を決め、県都の議席を死守。2区の前議員村上誠一郎さん(57)が8選を、4区の前議員山本公一さん(61)が6選をそれぞれ果たし、全国的に自民が総崩れとなる中、保守王国の底力を見せた。
投票率は70・91%で前回を5・10ポイント上回る。
小選挙区で落選した民主党の新人2人は、1区の永江孝子さん、4区の高橋英行さんとも比例代表で当選。
[PR]
by imagnews | 2009-08-31 12:27 | ニュース
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31